グッチオ・グッチは、第一次大戦後1921年フィレンチェで小さな旅行かばんと馬具製造の会社を創業し、今も高い品質を保ち続けていますか。

女性が夢見るこのブランド!どうやって手に入れる?

グッチについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グッチの創始者であるグッチオ・グッチは、若い頃馬具作りの家業が倒産し、イギリスでホテルの下働きをします。
ここで洗練された感性を持つイギリス貴族から刺激を受け、その後の製品づくりに影響を与えることになったといわれています。
第一次大戦後1921年、フィレンチェに戻り、小さな旅行かばんと馬具製造の会社を創業します。
品質にこだわり、世界で初めて品質保証のためにデザイナーの名前を商品に刻みます。
これが「ブランド」の始まりだといわれています。
品質の高さにより圧倒的な人気を得て、高級ブランドとして確立していきます。
1938年には、ローマに新しい店舗を開店させ、イタリア国内での成功をおさめます。
しかし、第二次世界大戦がはじまり、皮革製品の使用ができなくなりました。
そこでグッチは、キャンバス地をコーティングして新たなデザインを施し世に送り出し、またしても人気を得ます。
1960年代に入り、世界の主要都市に店舗を進出させ、世界的有名な女優オードリー・ヘップバーンや、グレース・ケリーなど一流の人々に愛されます。
しかし、その背景でグッチ一族は崩壊し、暗殺事件が起こります。
1953年、初代創始者であるグッチオ・グッチが逝去した後、グッチオから反対されながら、息子のアンドがニューヨーク支店を出店します。
その後、孫のパオロが2代目社長に就任しますが、その甥のマウリツィオに財産目当てで結婚したパトリツィアは、最終的にマフィアを雇いマウリツィオを暗殺します。
しかし、パトリツィアの一連のたくらみが露呈し、懲役29年の判決が下されました。
2004年、フランスの流通会社から改修され、グッチグループは、グッチ家から離れることになります。
1989年、ドーン・メロー氏が社長兼クリエイティブディレクターに就任した後、トムフォードがデザイナーに就任し、今も服飾及び皮革製品の製造企業としてヴィトンやエルメスと並び、バッグは特に人気を誇っています。
グッチが創設された後の数年間、乗馬から着想を得たバッグやトランク、手袋や靴、ベルトを求めました。
当時の顧客の多くは乗馬を好む貴族たちで、ホースビット・アイコンを発案するきっかけとなります。
皮革の入手が困難だった戦争時代でも、麻やリネン、ジュートなどの上質な素材を使い、新しいものを世に送り出します。
グッチのシンボルともなった、磨かれた竹の把手は、この時代に一人の職人の工夫から生まれています。
これは、馬具の鞍が意匠化されたものだといわれています。
職人の技術力は高く、今も、イタリアのクラフトマンシップが受け継がれています。

Copyright (C)2019女性が夢見るこのブランド!どうやって手に入れる?.All rights reserved.