18歳でディオールのアシスタントとなりディオールブランドを危機から救い、その後1966年には自身のブランドを立ち上げます。その後、革命的なデザインを世に送り出し、多くのファンを魅

女性が夢見るこのブランド!どうやって手に入れる?

イヴ・サン=ローランについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
イヴ・サン=ローランは、フランスの植民地であるアルジェリア(旧オラン)の中産階級の家庭に育ちます。
子どもの頃にパリに引越し、ファッションデザイン学校に進学します。
デザインコンクールで最優秀賞を受賞し、イヴ・サン=ローランをコンクールの審査員であったVOGUE社のディレクターが、クリスチャン・ディオールに紹介し、18歳でディオールのアシスタントとなります。
その後、21歳にして主任デザイナーに就任しますが、この年、ディオールが逝去します。
そして、当時財政破たん寸前だったディオールブランドの危機を、イヴが救います。
1958年、トラベーズラインと呼ばれる台形状のスカートのデザインを発表し、フランス中で絶賛されます。
しかし、1960年にフランス軍に徴兵されますが、その後、アルジェリア独立戦争におけるストレスから精神病院に収容されます。
1962年、社会復帰を果たすため、自身のブランドを設立しオートクチュールデザイナーとして活動を開始します。
1966年にはプレタポルテラインとして、「イヴ・サンローランリヴ・ゴーシュ」のブティックをパリに開設し、本格的にファッションデザイナーとしての本領を発揮していきます。
コレクションでは、そうそうたるメンバーがモデルとして起用され、フランスの代表的な女優であるカトリーヌ・ドヌーブもいました。
1970年代に入り、ヨーロッパの富裕層の間で一大ブームとなり、絶大な人気を得ていきます。
1989年にパリ証券取引所に株の公開、1993年にデ・トール賞を受賞、2001年にはフランスのレジオンドヌール勲章コマンドゥールを受章します。
しかし、グッチ・グループに買収され、翌年2002年にオートクチュールコレクションに参加した後引退し、パリのアトリエを閉店させました。
2007年には、レジオンド・ヌール勲章グラントフィシエを受章しますが、翌年ガンのため逝去します。
葬儀にはサルコジ事大統領夫妻を含む約800人が参列し、世界のトップニュースとして取り上げられました。
企業は「サンローラン・パリ」と改称され、イヴ・サン=ローランの築き上げたファッションの世界を今も受け継いでいます。
2010年にはフランスのドキュメンタリー映画「イヴ・サンローラン」が製作され、トロント国際映画祭批評家連盟賞を受賞しました。
その中で、イヴ自身は「現代女性のワードローブを創造し、時代の変革に参加できたことを誇りに思う」と述べています。
18歳でクリスチャン・ディオールのアシスタントに就任し、21歳にしてディオールの死と共に後を継ぎ、ピエール・ベルジェと出会いにより自身のブランドを立ち上げた後、50年に渡りイヴの創造を支え続けたパートナーは、「最も苦しんだときに生まれたコレクションほどまばゆいものはなかった」と述べています。
イヴ・サン=ローランの功績は大きく、トラペーズライン、モンドリアンスタイル、パンタロン、トレンチコートなど革命的なデザインを世に送り出しました。
4万枚にも渡るデザイン画は、創造の苦悩の結晶といえるでしょう。

Copyright (C)2019女性が夢見るこのブランド!どうやって手に入れる?.All rights reserved.