1837年チャールズ・ルイス・ティファニーと友人によりファンシーグッズの店舗を開店させたことに始まり、世界的な宝飾品のブランドとして君臨し続けていますか。

女性が夢見るこのブランド!どうやって手に入れる?

伝統のティファニー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ティファニーの歴史は長く、1837年チャールズ・ルイス・ティファニーは、友人のジョン・B・ヤングと共に、アメリカニューヨークに「ティファニー&ヤング」という名のファンシーグッズの店舗を、親から借りた1000ドルの借金を資金とし開店させました。
1848年、フランスの二月革命が起こり、フランスから逃れた貴族から貴重な宝石を入手し、宝石事業を展開させていきます。
メールオーダーカタログ「ブルー・ブック」を発行することで可能となった通信販売や、値引きを行わないために商品に値札を付けるなど、独自のポリシーを貫き、各界の大物や社交界の名士、各国の首脳が訪れるようになりました。
さらに事業を拡大するため、1851年ニューヨークの銀細工師であるジョン・C・ムーアの事業を買収し、銀製品の製造も行います。
その後、1853年に社名を現在のTiffany&Co.に改称し、チャールズ・ルイス・ティファニーが経営権を握ることになります。
この頃、ニューヨーク本店の入口にある大時計が設置され、起業のシンボルカラーとなっている「ティファニーブルー」が採用されました。
1867年、パリ万国博覧会において、アメリカの企業として初めて優秀賞を獲得します。
1878年には、世界最大級かつ最高級287カラットのイエローダイヤモンドを購入し、128.54カラットにカットされ「ティファニーダイヤモンド」と命名されます。
芸術性の高い究極の高級ブランド企業として世に知られるようになりました。
また、ニューヨークの新聞で「キングオブダイヤモンド」と称され、ダイヤモンドの権威となります。
ティファニー社により考案された6本の細い爪で支えるセッティングは、現在も世界のエンゲージリングの主流となっています。
1940年、本社を現在のニューヨーク5番街57丁目に移転させ、オードリーヘップバーン主演の世界的に有名な映画「ティファニーで朝食を」の公開により、多くの人々が集う観光名所になっています。
この映画の中で、オードリーはティファニーダイヤモンドを身に付けます。
今、ティファニーダイヤモンドは、ニューヨークの本社で常設展示されています。
創業以来、新しいデザインや新しい素材、新しい宝石を発見し追求し続けてきました。
20世紀になると、クンツァイト、モルガナイト、タンザナイト、ツァポライトなどを発見します。
ティファニーの宝石学者たちは、辺境の地に出掛け、常に新しい宝石を発見し続けています。
世界の一流企業として、自然や環境に対する敬意の念を持ち続けており、透明性を保つことが第一の責務とし、環境に配慮した事業活動を提唱しています。
採鉱活動においては、雄大な自然を価値あるものとして後世に受け継ぐため、採掘してはいけない場所は特別保護される必要性があると伝えています。
芸術性の高いデザイナーを起用し、時代のニーズを読み取りながら、クオリティの高さや伝統と格式を保ち、世界中の女性の憧れるブランドとして君臨し続けています。

Copyright (C)2019女性が夢見るこのブランド!どうやって手に入れる?.All rights reserved.