1837年パリに馬具工房を創始者ティエリー・エルメス開店させ、その後皮革製品や時計、ファッションに至るまで、様々な企画がプロジェクトされ世界の一流ブランドとして確立していまし

女性が夢見るこのブランド!どうやって手に入れる?

エルメスについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エルメスの創始者ティエリー・エルメスは、1837年パリに馬具工房を開店させます。
当時の人々は馬車が移動手段であったため、馬具の専門店が多く存在していました。
しかし、時代とともに馬車から自動車へ変遷し、エルメスはかばんや財布などの皮革製品へと事業内容を移行していきます。
エルメスのロゴは、四輪馬車に従者が乗っており、本来乗るべき主人が乗っていません。
これは、「エルメスは最高の品質の馬車を用意しますが、それを御すのはお客様ご自身です」という意味が込められているのです。
エルメスは優れた製品を作り出しますが、どう使うかは顧客自身であり顧客次第だと述べているのです。
こうしたエルメスの哲学は、今も長年受け継がれています。
当時、ナポレオン3世やロシア皇帝を顧客に持ち、富裕層の心を掴みながら事業を拡張していきます。
創始者であるティエリーの孫に当たるエミールモリス・エルメスは、さらに事業の幅を広げ、「サック・オータクロア」を製作しました。
馬具工房が開かれて約60年後のことです。
さらに腕時計や服飾品、香水などの制作も行い、近年ではマルタン・マルジェラやジャン=ポール・ゴルチェをデザイナーに起用し、プレタポルテコレクションであるパリコレで独自の伝統を意識させるラインを次々と発表しています。
世界の女性の憧れであるエルメスのバッグは、1935年から作られた「サック・オータクロア」に始まり、「バーキン」などの人気が高く、人の名前が付けられるというエピソードが多く残っています。
モナコ王妃となった女優のグレース・ケリーが、マスコミから妊娠していることを悟られないようにと持っていたバッグが、サドルバッグを婦人用に改良した「サック・オータクロア」でした。
その後、モナコ王室の許可を得て「ケリーバッグ」と改名されました。
このオータクロアをカジュアルなデザインに仕上げたバッグが「バーキン」です。
バーキンは、5代目社長により、飛行機の機内でイギリス出身の女優であり女性歌手である「ジェーン・バーキン」が、籐のカゴに荷物を無造作に入れている姿を見て、整理しなくても何でも入るバッグをプレゼントしたエピソードが、ケリーバッグの命名の由来となっています。
日本には、1960年代にセレクトショップが輸入していたことが始まりで、1978年に東京丸の内に直営の店舗を開店させます。
2001年になると、銀座にガラスブロックを張りめぐらした11階のビル「メゾンエルメス」を建築します。
日本との繋がりも深く、当時、日本人が発注したマレット・タナカという大型旅行かばんや、THE ALFEE(アルフィー)の高見沢氏がエルメス社長と交流があったことにより、フランス革命をテーマとした曲を収録したアルバムが製作されています。
他にも、ビデオアート作品のための上映室や自動車とのコラボレーションなど、様々な企画がプロジェクトされ、世界の一流ブランドとして確立しています。

Copyright (C)2019女性が夢見るこのブランド!どうやって手に入れる?.All rights reserved.